• 高精度プレートを1ヶから加工!ミクロン精度のプレートはお任せください。
  • プレート加工に特化した設備を完備。マシニングから平研まで社内一貫加工によるスピード対応!
  • プレートのことなら何でもご相談ください。切削・研磨はもちろん、機能に応じた表面処理もご提案

サブテーブル_黒無電解Ni

サブテーブル_黒無電解Ni - プレート加工.com製品カテゴリテーブル
名称サブテーブル
業界自動車製造ライン
材質アルミニウム A5052
表面処理黒無電解ニッケルメッキ
サイズt20×100×80
精度・幾何公差平面・平行度:0.01

プレート加工において高精度を実現するためには平面研削盤を使うことは必須で、ワークを固定する際には磁石を用いることが一般です。つまり、鉄系のプレートであれば言わば簡単に固定することができますが、非鉄系の材料であるアルミニウムなどは別の固定方法を検討・採用することが必要です。この精度が求められる自動車製造ラインの装置向けに採用されているサブテーブルは、アルミニウムA5052で加工したテーブルです。このプレートは前述のように磁石がくっつかないアルミなので、平面・平行度:0.01を達成するための平面研削盤による加工は、チャッキングの際に少し工夫が必要です。プレート加工.comでは、ここでは詳細はお伝えできませんが、ある特殊な方法を用いてワークを固定し、アルミニウムでも効率よく精度よく研削を行っています。アルミニウムの平面研削でも何ら問題なく加工することが可能なので、アルミニウムのプレートでお困りの際は、お気軽にお問合せください。なお、このサブテーブルは一見すると黒アルマイト処理を行ったように見えますが、このワークはそうではなく、アルミに黒色の無電解ニッケルメッキを施しているものです。こうした、少し変わった無電解ニッケルなどの表面処理も、プレート加工.comを運営するダイキョー精機の近場にある、表面処理メーカーの協力会社にて対応することが可能です。