サブテーブル_レイデント処理

サブテーブル_レイデント処理 - プレート加工.com製品カテゴリテーブル
名称サブテーブル
業界自動車製造ライン
材質鉄 S50C
表面処理黒クロームメッキ(レイデント)
サイズt40×200×180
精度・幾何公差平面・平行度:0.01、穴垂直度:5μm

今回は、レイデントと呼ばれる黒クロームメッキを施したプレート加工品をご紹介いたします。このプレート加工品は、サブテーブルと呼ばれており、自動車の製造ライン向けのある装置に採用されているテーブルになります。サイズがt40×200×180とプレート自体が比較的大きいため、ブロック材から削りだす必要があり、効率的にプレート加工を行うには重切削が必要となります。こうした重切削の場合は40番テーパーの場合ですと時間がかかりすぎてしまいますが、プレート加工.comを運営するダイキョー精機では、50番テーパーで、かつ横型のマシニングセンタを活用して加工を行うため、高効率に切削することが可能となっています。また、このプレートは、このサイズでありながら平面・平行度:0.01、穴垂直度:5μmを達成しています。こうした高精度なプレート加工が実現できるのも、充実のプレート加工専用設備を保有し、さらに日々高精度なプレート加工を行う熟練の作業者がいるからこそです。高精度プレート加工でお困りなら、プレート加工.comを運営しているダイキョー精機まで、お気軽にお問合せください。

ページトップに戻る